学校施設

トップページ > 学校教育 > 学校施設

学校施設

1.学校施設の耐震化

 学校施設は、児童生徒の学習・生活の場であり、また災害時には地域の人々の避難場所としての役割を果たすことから、その安全性を確保するため、平成21年度から耐震化工事に取り組んできました。なお、二見中学校、錦城中学校及び人丸小学校の校舎については、耐震補強が困難であったため改築を行いました。
  また、平成27年度には、国の方針に基づき、大規模空間を有する屋内運動場や武道場などの天井、照明器具、スピーカー、額などの落下の危険性のあるものについて、落下防止対策を行いました。


○ 耐震診断結果及び工事完了後の数値

ページトップ


2.学校園の施設整備

 学校園の施設整備に関しては、安全で、安心な学習・生活の場であるよう、老朽の度合いや整備の必要性等を勘案しながら改修等に努めています。
 また、安全性を確保するため定期的な点検を実施し、不具合があった場合には速やかに修繕を行うよう取り組んでいます。

取り組み内容


1.普通教室への空調設備の設置

 小中学校の普通教室に空調設備を設置し、学習環境の向上を図ります。
 平成28年度には、中学校の普通教室及び音楽教室への設置が完了しました。
 平成29年度からは、小学校の普通教室に2年かけて設置を進めていきます。

2.バリアフリー化の推進(エレベータの設置など)

 障がいの有無にかかわらず、誰もが共に学べるインクルーシブ教育を推進するため、
各学校にエレベーターを設置するなど、利用者にやさしい施設整備を進めています。

※エレベーター設置校    
 小学校(10校)
 明石小学校、人丸小学校、大観小学校、林小学校、和坂小学校、花園小学校、大久保南小学校、谷八木小学校、二見北小学校、二見西小学校    

 中学校(8校)
 錦城中学校、衣川中学校、野々池中学校、望海中学校、大久保中学校、高丘中学校、魚住中学校、二見中学校


3.施設の改修

 子どもたちが安心して学ぶことができるよう、校舎や屋内運動場、高圧受変電設備など施設・設備の耐久性を高める改修を行っています。

4.施設の安全点検

 教職員による定期点検や臨時点検、また専門業者による法定点検により、各教室や体育施設等に異常がないかを点検しています。
 その結果、不具合のあるものについては、災害や事故を未然に防止するため、緊急性の高いものから順次修繕を行っています。


上記に関するお問い合わせ

明石市教育委員会事務局 学校管理課

〒673-8686 明石市中崎1丁目5番1号(明石市役所分庁舎4階)
TEL:078-918-5197 FAX:078-918-5111
E-mail:ed-kanri@city.akashi.lg.jp


ページトップ