学校教育

トップページ > 学校教育 > 体験活動

体験活動

トライやる・ウィーク

 平成10年より実施してきたトライやる・ウィークも今年で18年目を迎え、本市では約5万人の中学生が貴重な体験を積み重ねてきました。

 本事業は、地域の中で、生徒の主体性を尊重したさまざまな体験活動を通して、豊かな感性や創造性などを自ら高めるとともに、自分なりの生き方を見つけることができるように支援するものです。本市における「トライやる・ウィーク」の取組をまとめた冊子においても、その体験を通して、夢が確かな目標となり、職業・生き方につながった例が報告されています。また、学校・家庭・地域社会の連携を深め、子どもたちを中心とした地域コミュニティの構築へと発展することが期待されています。

自然学校

 小学5年生を対象とした4泊5日の「自然学校」は、学習の場を教室から豊かな自然の中へ移し、児童が人や自然、地域社会とふれ合い、さまざまな活動を体験します。それらの活動を通して、自分で考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する力や、生命に対する畏敬の念、感動する心、共に生きる心を育むなど、「生きる力」を育成することを目的としています。


ページトップ

環境体験事業

 小学校3年生を対象にした「環境体験事業」が、平成19年度から市内各校において順次始まりました。

 平成21年度より全ての小学校で実施しています。自然に対する畏敬の念をはじめ、命の大切さ、命のつながりを肌で感じながら、人間形成の重要な時期に、自然の美しさに感動する心を育むとともに、かけがえのない命について学んでいこうとするものです。

本市では「みる“め"、みえる“め"、みつめる“め" 命をみつめ、社会をみつめ、つながるこころをはぐくむ」をテーマに環境体験事業を推進します。


上記に関するお問い合わせ

明石市教育委員会事務局 学校教育課

〒673-8686 明石市中崎1丁目5番1号(明石市役所分庁舎4階)
TEL:078-918-5055 FAX:078-918-5111
E-mail:gakkyo@city.akashi.lg.jp


ページトップ