教育方針

 本園の南側は、海岸沿いに魚や海苔の加工工場が立ち並ぶ昔からの地域です。
一方北側は、田畑が一部残っているものの宅地化が進み、新興住宅地となっています。
 地域のみんなで子どもたちを育んでいきたいという思いは強く、夏の“盆踊り”
冬の“パトロール”“とれとれまつり”などの地域行事への参加や、うずしお会(地域ボランティア)
の方と保護者・園児との交流も、盛んに行っています。
 また、子どもたちの安全を考える取りくみも、地域と共に進めています。
今後も、林の地域性や自然環境のよさを生かしながら、
子どもたちの豊かな心を育んでいきたいと考えています。

                                     


教育目標

心豊かにたくましく生きる子どもを育てる



○目指す幼児像○

・げんきな子   ・がんばる子
・かんがえる子  ・やさしい子

     
 
 研究主題                                        

 「自分らしさを発揮しながら、認め合う仲間づくりを目指して」
 〜友達と心をかよわせ、共に考える力を育むための教師の援助を考える〜