清水幼稚園経営方針


     


 ○教育目標  ○努力目標  ○研究内容


 ○本園の教育目標
・明るく元気な子ども
・命を大切にするやさしい子ども
・よく見つめ よく考え 創造する子ども
・友だちと共に伸びていく子ども

 努力目標
 
・一人一人の幼児の発達の特性や課題を的確に捉え、自発的な活動と豊かな生活経験が
 確保されるよう、より良い環境を作り出し、教育内容の充実に努める。

・四季折々の自然を感じたり、生命の尊厳や善悪の判断をしたり、人とかかわり共に育つ
 力を身につけることについては、具体的な体験を基に指導する。

・幼児の望ましい発達を促すために、家庭・地域との連携を深め、近隣の保育所・小学校・
 中学校との交流を充実させ、地域に根ざした特色ある幼稚園づくりをする。

・園内研修の充実を図り教師の専門性を高める。

・危機管理の高揚を図り安全教育、防火教育の充実に努める。

 平成30年度の研究内容
研究主題「心も体もはずむ子どもをめざして」 

サブテーマ ー友達とかかわり、一人一人の子どもがいきいきと遊ぶための教師の援助や環境構成ー 
 
(概要)
  • 自発的な遊びや協同する経験を重ねるための発達に応じた保育内容を考える。
  • 異年齢や学年間の交流を行い、互いを思いやる気持ちを育めるような保育内容を工夫する。
  • 個々の発達段階に応じた支援を行い、教師間でカンファレンスをし、教師の援助や環境構成を再構築する。