保育のめあて 

1.教育目標

豊かな心 健やかな体を育む

   ・元気な子
   ・やさしい子 
   ・やりとおす子
   ・考える子
   

2.研究主題

   研究主題「互いの良さを認め合い、友達と遊びを高め合う関係づくり」

       〜小規模園における保育内容と環境構成の可視化〜

3.努力目標

 @保育内容の充実を図る。
  「個々の幼児の発達の特性と課題を的確に把握し主体的活動を促す
   生活を充実する」

 A教師の役割を認識し、適切な援助に努める。
  「幼児一人一人の内面を理解し望ましい発達を促す。適切な援助・
   指導に努める」

 B生命と人権を尊重する教育の充実を図る。 
  「直接的具体的体験を通し生命と人権の大切さを感じ取る」

 C基本的生活習慣・道徳性を育成する。
  「基本的生活習慣や日常生活のルールを家庭や地域と協力しながら
   身につけられるよう指導する」

 D園安全の徹底を図る。
  「幼児自らが安全について関心をもって行動できるよう全教育活動
   を通して指導する」

 E家庭・地域・小学校との連携を密にする。
  「保護者の子育て観を探り家庭や地域に積極的に情報を提供し、互いの教育
   力を取り入れ連携を密にする」