教育委員会

学校教育

社会教育

相談・手続

人権教育

明石市の教育について

採用・募集情報

教育データ

市民からの声

放射線モニタリング情報

明石市役所ホームページへ

あかし子育て応援ナビへ

Adobe Reader®のダウンロード

明石市教育委員会事務局

〒673-8686
明石市中崎1丁目5-1
TEL:078-918-5054
FAX:078-918-5111
メールアドレス

トピックス

トップページ > トピックス一覧 > 「平成28年度明石市中学校生徒指導相談員第2回研修会」を開催しました

「平成28年度明石市中学校生徒指導相談員第2回研修会」を開催しました

 平成28年7月21日(木)、明石市職員研修センター3階研修室にて、第2回明石市中学校生徒指導相談員研修会を開催しました。
 市内13中学校及び明石市適応教室「もくせい教室」において、生徒の心に寄り添う生徒指導相談員の諸活動は、様々な場面で学校教育活動に寄与しています。全ての生徒にとって、2学期が充実したものになるように、生徒を支える生徒指導相談員は資質を向上させることが必要です。そのために、この日の研修では、講義・協議とグループごとの情報交換を実施しました。
 まず、当課の生徒指導係の指導主事が「1学期の振り返りと2学期の準備」について講義を行いました。夏休み明け直後の活動における重要な場面での生徒観察や、学校行事における生徒への支援例を挙げ、活動のポイントについて確認しました。また、2学期の活動では、「業務の指示系統は?」「自分に与えられた課題は?」「自分の目から見える学校の危機は?」ということを、生徒指導相談員としての立場から常に確認しておくことの必要性と重要性を伝えました。
 協議では、相談員が4つのグループに分かれ、生徒対応について話し合いました。特に、中学3年生では進路について悩む生徒が多く、学校生活での小さな変化にも目配り・気配りが重要であるとの意見が多く出され、声かけの大切さを再認識しました。また、いじめについても未然防止・早期発見を心掛けて行動することの重要性を確認しました。
 最後に、今年度採用となった生徒指導相談員が経験者に質問したり、4月に異動があった場合は、新旧の生徒指導相談員が仕事についての情報交換をしたりという時間を設けました。参加者にとっては、これまでの自分を見つめ直し、今後の活動について考える時間となったようです。

 生徒指導相談員の情熱溢れる活動が、人間的なふれ合いを大切にした生徒指導を充実させ、「心の教育」の推進における大きな力となることを期待して、本会を終えました。
【教育委員会事務局 児童生徒支援課】

- 記事一覧にもどる -