教育委員会

学校教育

社会教育

相談・手続

人権教育

明石市の教育について

採用・募集情報

教育データ

市民からの声

放射線モニタリング情報

中学校給食への取り組み

明石市役所ホームページへ

あかし子育て応援ナビへ

Adobe Reader®のダウンロード

明石市教育委員会事務局

〒673-8686
明石市中崎1丁目5-1
TEL:078-918-5054
FAX:078-918-5111
メールアドレス

トピックス

トップページ > トピックス一覧 > 平成28年度「“いじめストップあかし”実践発表会」を開催しました。

平成28年度「“いじめストップあかし”実践発表会」を開催しました。

 平成28年11月15日(火)明石市民会館中ホールにおいて、「“いじめストップあかし”実践発表会」を開催しました。本年度は、市内小中学校での取組、地域での取組の紹介や「“いじめストップあかし”こども会議」の報告に加え、落語家 桂三若さんによる「いじめ防止落語」を実施し、保護者・学校園関係・地域の青少年健全育成関係等の皆様に、いじめの未然防止を目指した学校園・家庭・地域の連携について呼びかける内容となりました。
 実践発表では、「小学校・中学校・地域での取組」について、映像を交えた紹介がありました。
 二見西小では、今年は特にプライド6という6つの合言葉を覚えて実践していくことにより、いじめをなくす取組が行われているという説明がありました。低学年にもわかりやすいように、シックスレンジャーが西小の平和を守るために、全校児童に呼びかけをしている様子などの紹介がありました。
 高丘西小児童会は、7月の「“いじめストップあかし”こども会議」で話し合った内容を、校内放送で全校生に伝えています。また、全校集会での得意技の発表会を通して、友達の新たな一面を発見し、お互いに認め合い自尊心を高めようとする取組の紹介もありました。
 朝霧中からは、校区モットー「時を守る、礼を正す、場を美しくする」のもと、自分たちで決めた目標に向かおうとする生徒会を中心とした取組が、豊かな心を育み、いじめをしない人づくりに繋がっているという紹介がありました。
 地域の取組としては、魚住東地区青少年愛護協議会から、青少年の健全育成推進のため、夏祭りのパトロール、各種研修会、スポーツ交流会、クリーン活動等を通して、様々な年齢の住民が交流を深めているとの発表がありました。
 続いて7月27日(水)に開催した「“いじめスップあかし”こども会議」の内容を、当課職員が映像も交えながら報告しました。
 そして、今年の講演は、桂三若さんによるいじめ防止落語。演目は「お地蔵さんの遠眼鏡」でした。マクラでは、相手の気持ちを思いやる想像力を養うことが大切と、いくつかの小話を交えて話されました。会場を笑いの渦に巻き込んだ後、本題では「いじめ」と「いじる」は紙一重であること、一人で抱え込まずに「いやだ」「困っている」と声を上げて誰かに相談すること、周りの大人はいつも目を光らせて見守っていること等、シビアな内容を温かい話術ですっぽり包み、わかりやすく話してくださいました。
 最後に、「“いじめストップあかし”こども宣言」を参加者全員で唱和することにより、「いじめは絶対に許さない」という気持ちを改めて心に刻みました。

【教育委員会事務局 児童生徒支援課】

- 記事一覧にもどる -