教育委員会

学校教育

社会教育

相談・手続

人権教育

明石市の教育について

採用・募集情報

教育データ

市民からの声

放射線モニタリング情報

中学校給食への取り組み

明石市役所ホームページへ

あかし子育て応援ナビへ

Adobe Reader®のダウンロード

明石市教育委員会事務局

〒673-8686
明石市中崎1丁目5-1
TEL:078-918-5054
FAX:078-918-5111
メールアドレス

トピックス

トップページ > トピックス一覧 > 「平成29年度 第2回明石市中学校生徒指導相談員研修会」を開催しました

「平成29年度 第2回明石市中学校生徒指導相談員研修会」を開催しました

 平成29年7月13日(木)、明石市職員研修センター3階研修室にて、第2回明石市中学校生徒指導相談員研修会を開催しました。
 市内13中学校及び明石市適応教室「もくせい教室」において、生徒の心に寄り添う生徒指導相談員の諸活動は、様々な場面で学校教育活動に寄与しています。全ての生徒に対し、2学期以降も充実した支援を行うためには、生徒を支える生徒指導相談員の資質を向上させることが必要です。そのために、この日の研修では、講義・協議と、グループごとで生徒指導相談員の実践についての情報交換を行いました。
 まず、当課生徒指導係の指導主事が「1学期の振り返りと2学期に向けて」について講義を行いました。講義では、「朝のあいさつ運動は子どもとの良い関係を築くことができる」「業間や休み時間に廊下などを巡回する際は、トイレや保健室などにも立ち寄る」など、生徒を見守る有効な手立てを紹介しました。また、中学3年生から進路の悩み相談を受けるケースもあり、どのように対応すればいいのか生徒指導相談員同士が意見交流する場面も見られました。
 協議では、生徒指導相談員が6つのグループに分かれ、生徒対応について話し合いました。学校に来づらい生徒が少しでも登校しやすいような校内環境の整備や、登校したときの声かけ、学校行事に向けた生徒との関わり方など、日々の取組を意見交流しました。また、いじめについても未然防止・早期発見を心掛けて行動することの重要性を確認しました。
 生徒指導相談員の愛情溢れる活動が、人間的なふれ合いを大切にした生徒指導を充実させ、「心の教育」の推進における大きな力となることを期待して、本会を終えました。
【教育委員会事務局 児童生徒支援課】

- 記事一覧にもどる -