教育委員会

学校教育

社会教育

相談・手続

人権教育

明石市の教育について

採用・募集情報

教育データ

市民からの声

放射線モニタリング情報

明石市役所ホームページへ

あかし子育て応援ナビへ

Adobe Reader®のダウンロード

明石市教育委員会事務局

〒673-8686
明石市中崎1丁目5-1
TEL:078-918-5054
FAX:078-918-5111
メールアドレス

トピックス

トップページ > トピックス一覧 > 明石市立小・中・高等学校の入学式が行われました

明石市立小・中・高等学校の入学式が行われました

 4月10日(火)、明石市立小・中・高等学校において、平成30年度入学式が行われました。山手小学校では、6年生が1年生の手をつなぎ、1年生を気遣いながら優しく座席に座らせてくれていました。
 八杉弘昭校長は、式辞の中で、「お父さんやお母さん、地域の方々も、1年生の皆さんの入学を待っていました。とても元気なあいさつができましたね。」と声をかけるとともに、三つの願いを話されました。
(1)元気に学校に来ること
(2)先生や地域の方々、友だちに笑顔であいさ つをすること
(3)先生のお話をしっかりと聞くこと
 また、高丘中学校では「子どもと大人の違いは何でしょう。」という問いから寺岡錠平校長のお話が始まりました。子どもは、「いろいろなことを人にしてもらう立場」であるということに対し、「大人はいろいろなことを人にして差し上げる立場」になるということを話されました。また、そのために必要なこととして三つを挙げられました。
(1)人のために生かせるような知識・考え方・判断力・体力を身に付けること
(2)居心地のよい集団をつくる一員になること
(3)他者を受け入れ、相手に応じたかかわりを試みること
 さらに、「失敗は成長である」と付け加え、新入生に一歩を踏み出す力を与えられていました。
 校種は異なりますが、どちらの児童・生徒も校長先生の話を真剣に聞く姿が見られました。これからの活躍に期待が高まります。
【学校教育課】

- 記事一覧にもどる -