社会教育

トップページ > 社会教育 > 文化財

文化財

本市では、文化財の保護として、文化財審議会の運営等に加え、市内の各所で開発事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査を行うとともに、毎年、文化博物館において「発掘された明石の歴史展」を開催し、発掘調査の成果を一般に公開しています。

さらに、地域に残された文化財の指定をはじめ、文化財の保存、活用事業を行うとともに、ふるさと明石の記録として『明石の昆虫』、『明石の野鳥』、『明石のため池』や、文化財年報などの刊行物を出版しています。

  • 市内の遺跡
  • 市内の指定・登録文化財
  • 刊行物(ふるさと明石記録等)

住宅建設(新築・建替工事)・店舗建築など各種開発事業を予定している個人・法人の方へ

「埋蔵文化財」とは、地中に埋蔵されている状態の文化財であり、本来であれば地中に埋蔵された状態のまま保存されるべきものですが、住宅建設や店舗建築などの開発事業によって、破壊されるケースが少なくありません。

そのため、住宅建設や開発事業を行う予定の土地が埋蔵文化財を包蔵する土地、つまり「埋蔵文化財包蔵地」であるかどうかを照会していただく必要があります。下記の「埋蔵文化財の包蔵地所在照会書」に必要項目をご記入の上、直接来庁していただくか、もしくはファクシミリにて下記までお問い合わせください。

なお、埋蔵文化財包蔵地内で掘削を伴う開発事業を行う場合は、事前に確認調査を行うことがあるほか、包蔵地外であっても開発事業の内容によっては試掘調査が必要になることがあり、調査に伴う書類の提出が必要となります。また、確認調査や試掘調査を行った結果、開発事業を行うことによって埋蔵文化財が破壊されると判明した箇所については、記録保存のために本発掘調査(全面調査)を行うこととなり、改めて書類の提出をお願いすることもあります。
確認調査・試掘調査および本発掘調査にかかる費用は原則的に原因者(開発事業を行う個人・法人の方)の負担になりますが、個人住宅建設にかかる本発掘調査については、調査費用を助成する制度があります。

発掘調査等の取扱いや提出書類についてご不明な点がありましたら、併せて下記までお問い合わせください。



上記に関するお問い合わせ先

明石市市民生活局 文化・スポーツ室 文化振興課 文化財係
〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号(明石市立文化博物館1階)
TEL:078-918-5629 FAX:078-918-5633
E-mail:bunkashinkou@city.akashi.lg.jp

日曜日、月曜日及び祝休日は休みです。 
※月曜日が国民の祝休日と重なるときは、翌日の火曜日も休みとなります。

※ 平成24年4月から、市長部局が事務を補助執行しています。


ページトップ