社会教育

トップページ > 社会教育 > 放課後子ども教室

放課後子ども教室

放課後子どもプラン

平成19年度から、国において、子どもたちの総合的な放課後対策として、「放課後子どもプラン」が制度化されました。

地域社会の中で、放課後や週末等に子どもたちが安全で安心して、健やかに育まれるよう、文部科学省所管の「放課後子ども教室推進事業」と厚生労働省所管の「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)」を連携して実施しようとするものです。

明石市における放課後子ども教室推進事業

本市では、既に全28小学校区で、放課後児童クラブを開設していることから、これらとの連携や調整を図りながら、平成19年度から、地域の方々の参画や協力により、勉強やスポーツ・文化活動、地域の方々との交流活動等を行う「放課後子ども教室」の推進に取り組んでいます。

特に、地域における子どもたちの居場所として、地元の高齢者等からの身近な歴史や文化の講話、教員OBによる宿題等の学習支援、スポーツ経験者によるスポーツ指導など、現代における「寺子屋」的な事業の推進に努めていきます。

「放課後子ども教室推進事業」と「放課後児童健全育成事業」(放課後児童クラブ)

「放課後子ども教室推進事業」とは・・・

すべての児童を対象に、地域の方々の参画を得て、勉強やスポーツ・文化活動などの居場所を確保しようとするもので、原則として無償(教材費などは実費徴収)です。
「放課後児童健全育成事業」(放課後児童クラブ)とは・・・
保護者が就労等で昼間家庭にいない、小学校低学年の児童を主な対象として、授業の終了後に、適切な遊びや生活の場を提供し、児童の健全な育成を図ることを目的として開設しています。


上記に関するお問い合わせ先

明石市教育委員会事務局 青少年教育課

〒673-8686 明石市中崎1丁目5番1号(明石市役所分庁舎5階)
TEL:078-918-5057  FAX:078-918-5155
E-mail:seikyo@city.akashi.lg.jp


ページトップ