社会教育

トップページ > 社会教育 > 放課後子ども教室

放課後子ども教室

放課後子どもプラン

平成19年度から、国において、子どもたちの総合的な放課後対策として、「放課後子どもプラン」が制度化されました。

地域社会の中で、放課後や週末等に子どもたちが安全で安心して、健やかに育まれるよう、文部科学省所管の「放課後子ども教室推進事業」と厚生労働省所管の「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)」を連携して実施しようとするものです。

明石市における放課後子ども教室推進事業

放課後子ども教室は、兵庫県教育委員会が、平成27年度から進めている地域と学校が協働して地域全体で子どもたちの成長を支えていく「地域学校協働活動」の取組の一つです。
小学校区単位で、放課後や週末等に小学校施設を活用して、子どもたちの安全・安心な活動拠点である「子ども教室」を実施しています。
そこでは、地域の方々の参画を得て、子どもたちとともに勉強やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動等の取組を実施して、子どもたちが地域社会の中で、心豊かで健やかにはぐくまれる環境づくりを推進しています。
具体的には、子どもたちは、自然観察や科学実験教室、俳句・短歌の創作や和太鼓演奏などの伝統文化体験、打楽器や金管楽器等の楽器演奏、アート体験などに取り組んでいます。

本年度は、松が丘小学校区、人丸小学校区、大観小学校区、沢池小学校区、貴崎小学校区、大久保南小学校区、山手小学校区、谷八木小学校区、錦が丘小学校区、二見西小学校区の10教室開講しています。1小学校区あたり、年間5〜25回開講し、市内全体では180回開講する予定です。

「放課後子ども教室推進事業」と「放課後児童健全育成事業」(放課後児童クラブ)

「放課後子ども教室推進事業」とは・・・

すべての児童を対象に、地域の方々の参画を得て、勉強やスポーツ・文化活動などの居場所を確保しようとするもので、原則として無償(教材費などは実費徴収)です。
「放課後児童健全育成事業」(放課後児童クラブ)とは・・・
保護者が就労等で昼間家庭にいない、小学校低学年の児童を主な対象として、授業の終了後に、適切な遊びや生活の場を提供し、児童の健全な育成を図ることを目的として開設しています。


上記に関するお問い合わせ先

明石市教育委員会事務局 青少年教育課

〒673-8686 明石市中崎1丁目5番1号(明石市役所分庁舎5階)
TEL:078-918-5057  FAX:078-918-5155
E-mail:seikyo@city.akashi.lg.jp


ページトップ